スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

壮絶?!わたしの出産体験記★③ 

壮絶?!わたしの出産体験記★②からの続きです。

何度「帝王切開」をお願いしても、「絶対ダメ。帝王切開は理由がないと出来ない」の一点張り。(当たり前)
※決して帝王切開のほうが楽というわけではなく、きっと産後の傷口の痛みや体力の回復など、帝王切開のほうがはるかに大変だと思います。でもおバカなわたしにはこのときは陣痛の痛みから解放されることしか考えてなかったんです・・・;;

あたしは痛みに耐えきれず(でも意識はかなりハッキリしてたのでよく覚えている)、もう死んだふりでもしてやろうかと思ったくらい。
あぁなんてダメ母なんだろう・・・++;(恥)

AM9時、旦那さんは外せない予定があり仕事に行ってしまった。
ひとりにはなりたくなくて、助産師さんに、
「側にいてください~!!!ひとりにしないで~!!」と泣いて懇願して、ずっと側についててもらう。
その間も、「あとどれくらい我慢すればいいですか?あと何分で産まれますか?!」と質問しまくり(笑)
そのたびに「あと何分では無理かなぁ~。午後までには産まれるよ♪」とのんきな答えが返ってきて、ものすごくガッカリして痛みで泣いていた。

AM10時、子宮口がいつ全開になったのかよく分からなかったけど、助産師さんに「頑張っていきんで!!」と言われたので、
「ウーンウーン」と渾身の力をおしりのほうに込める。
ベビがちっとも下がってきてないらしくて、とにかくいきみまくり。
もう何十回といきんだが、いきみ方が下手なのかベビは全然おりてこない(涙)

AM10時半、よーやく先生登場!!
待ってましたぁ~!!と先生に、
「吸引でも会陰切開でも何でもやっちゃってください!!早くお願いします!」とお願いする(笑)

陣痛の波とタイミングを合わせてありったけの力でいきむ。
それと同時に看護婦さんにお腹を思いっきり上から押される。
たまに「上手よ!頑張れ!」と褒められてちょっと嬉しい♪

「早く会陰切開とか吸引してくださいよ~!!」というが、
「まだそこまでいってない」と言われる(悲)

陣痛に合わせてひたすら何度もいきむ。
そしてようやく会陰切開。
麻酔をうってたので痛みはナシ。そのときはそんなことより早く取り出して陣痛から解放されたかった。

それから吸引器登場。
そんな大きいもの入るのか??と思ったけど入ったみたい(笑)
そこから5回くらいいきんで、ようやく先生に、

「ラスト2回で赤ちゃん出るよ!!」と神の声が!!

それから1回目のいきみで赤ちゃんの頭がとうとう出た!
手で触らせてもらう。ぬるぬるしてる。

最後のラスト1回のいきみで、スルっと全身が出てきた。

すぐにベビは、フンギャ~!フンギャ~!!と大きな産声をあげた。
声を聞いて、
元気に産まれてくれた・・・とホッとした気持ちと、
長時間の戦いにやっと終わったんだぁ・・・という気持ちで、
胸がいっぱいになって、わたしも声をあげて号泣した。

先生や看護師さんに「よく頑張ったね」といってもらって、さらに号泣。
泣き言ばっかり言って本当にすいませんでした・・・。

すぐに赤ちゃんはカンガルーケアで私の胸の上に置かれた。
結構重いんですけど・・・。
笑気ガスの吸い過ぎで頭がボーっとしてたのと、全身の体力を使い果たしていたので、カンガルーケアで感動する余裕はとても無く、
「このまま2時間も胸の上に置いておくの辛いなぁ・・・」と思っていた。。

そのあといつの間にか胎盤が出て、見せてもらうがレバーのような感じで気持ち悪かった。
それから会陰切開した傷口を先生がチクチク縫ってたんだけど、なかなか縫い終わらなくて、「どんだけ切ったんだろう??」と怖くなった。(==;)

縫い終わったあと、先生や助産師さんが出て行って、赤ちゃんと2人きりになった。
赤ちゃんは私の胸の上に乗ってしがみついてて、肝心のお顔がよく見えない><
頭をナデナデして、「元気に産まれてくれて本当にアリガトウ」と話しかけ、また号泣。

ケータイ電話をLDRに持ち込んでいたので、旦那さんに電話をかけ、
「元気な赤ちゃん産まれたよ。あたし頑張って産んだよ!」と報告。
「本当にありがとう。よく頑張ったね!!」って言ってくれて、さらに号泣。
「ほんとにね、ほんとにねスゴイ痛かったの~!!!」って子供のように泣いてしまいました・・・。

私のヘタレ出産体験記は以上です。
母子手帳に記載された分娩所用時間は15時間。
初産なら平均くらいかな。
出血も平均くらいとのことです。

安産では無かったと思うけど、ものすごい難産というわけでもなく、平均的な出産だったと思います。
なのに、書いてて恥ずかしくなるような、弱音吐きまくりの出産になってしまいました・・・。これから母になるというのに。(++;
出産後、先生・助産師さん・看護婦さんに謝罪しまくりました
ベビたん、みっともないママでゴメンねっ

・・・でも、次の出産は無痛にしたい!!!(笑)

**これから出産される方へ**
私の出産を悪い見本として、みなさんはもっとスムーズな出産目指してくださいね!
こんな私からですが、これから出産される方へアドバイスとして・・・
●呼吸法など真面目にやっておく。
●陣痛の痛みを甘くみない。とんでもない難産を想像しておく。そうすると実際かなり痛くても耐えれるかも??(私はなんとなく自分で安産だろうって何の根拠もなく思っていたので、実際の陣痛のすごさにビックリして耐えきれなかった・・・)
●出産直前は、体力をつけるためにしっかり食事をとっておくことと、睡眠をとって体力温存しておく。
●出産直前にはたまひよとかのマタニティ本で、分娩の流れについて復習しておく。

良かったら参考にしてくださいね♪

私が今自分の出産を振り返って思うことは、
「出産するときが痛いわけじゃなくて、長時間の陣痛が痛い」ということです。
ひとそれぞれの出産や陣痛の感じ方って違うと思いますが、私が感じた陣痛をたとえていうなら、
「生理痛を1000倍くらい痛くした感じ」とか、
「骨盤を金づちでおもいっきりガーンガーンと殴られてる感じ」というような痛みでした。

出産体験でよく聞く「鼻からスイカ」とかの表現は私には感じられなかったし、分娩(出産)のときはもうとにかく陣痛の痛みがすごすぎて会陰切開の痛みはまったく感じませんでした。また、赤ちゃんが出てくるときの痛みや後産(胎盤などがでてくる)などの痛みもまったく分からなかったです。
とにかく長時間の陣痛に耐えたことが辛かったし、陣痛は今までの人生で経験したことのない、人生最高の強烈な痛みでした…。
出産前のひとを怖がらせてしまったらごめんなさい><

★参考HP★↓かなり面白いですが出産前に読むと恐怖感じるかも?
女神たちの伝説~陣痛の最中に言ってしまった言葉~


良かったら押してくださいm(_ _)mぺこり
人気ブログランキング
にほんブログ村 マタニティーブログへ
スポンサーサイト

壮絶?!私の出産体験記★② 

壮絶?!私の出産体験記★①の続きです。

2月28日夜22時、移動した和室で必死に陣痛に耐えていた。間隔は5分だったり6分だったり。
陣痛がないときは旦那さんと話して気を紛らわしたりテレビをみたりしていた。(旦那さんは大好きなオーラの泉に夢中・・・汗;)
痛みはどんどん痛くなってゆき、声だしてうなりまくっていた・・・。

日が変わって、
3月1日午前0時、あまりの激痛にうなりから叫びにかわる。
ちょっとはお産がすすんだか確認してもらうために、旦那さんに助産師さんを呼んできてもらう。

子宮口を確認してもらうと、なんと一気に7センチ!!

助産師さんに「よく頑張ったね!!LDRに移動しましょう!」と言ってもらえて旦那さんと泣いて喜んだ☆

痛みの間にLDRへ移動した。
ゆらゆらゆれる椅子に腰掛けて、旦那さんは助産師さんの指導のもと、ずっと腰をさすってもらう。
(でも痛みが強くてあんまり効果なかったような…。)

間隔はそんなに狭くならず、椅子に腰掛けて揺れながらとにかく痛みに耐える。
陣痛がきたときは死ぬ思いの激痛!
「痛い~!!」「うぉ~!!」と叫びまくり(笑)
2時間くらい、必死に旦那さんは腰をさすってくれていた。

そしてAM3時、分娩台に移動。
横になって、NSTをつける。
ベビの心音は安定していた。
陣痛はものすごい激痛なのに、NSTの目盛りではそうでもなくて見てると「こんなに痛いのにこの数値かよ~!」ってなんだかムカついた。

AM3時~4時、必死で痛みに耐えていたがどんどん酷くなってきてついにパニックに。

「もうダメ~!!!」「もう限界~!!!」「これ以上無理~!!!」
と叫び続けていた。
旦那さんは心配そうに腰をさすったり、「頑張れ!」「呼吸法フゥ~!!」とずっと言って手を握ってくれていた。

そこに先生登場!
いよいよなのか?!!と思いきや、私の子宮口を確認して、

「うーんまだ7センチかぁ。出産は今日のお昼くらいかな?」

と先生が言ってるのを聞いて、ものすごいショックを受けた
この痛みにあと6時間以上も耐えないといけないのぉぉ??!!

そこで助産師さんが「今、隣が1分間隔です!!」と言って、先生や助産師さんすべて隣の部屋に行ってしまった・・・(泣;;)

AM5時、あまりの痛さに意識朦朧。
旦那さんに泣きながら「ホントにもう無理なの。私には無理なの。お願いだから助けて・・・」と泣き落とし作戦(笑)
旦那さんは心配そうに「大丈夫。トウコなら出来るよ!頑張れ」と励ましてくれるが、そのときのあたしには励ましの言葉はまったく届かない。

「先生呼んできて~!!もう産まれるから!!お願い!!」と旦那さんに言いまくり、旦那さんに先生を呼びにいってもらうが、先生は隣のLDRに入ってるのでもちろん来てくれない。助産師さんも来てくれなくて、旦那さんはオロオロしまくり。
あたしの側に来たら「お願い!誰か呼んできて~!!」と言うし、外に出て看護婦さんに聞いても「まだまだだから」と言って誰も来てくれないしで、旦那さんはあたしと看護婦さんの間を行ったり来たり。
このときの旦那さんの心配そうな顔、私を助けようと必死な顔が今も忘れられなくて、思い出すと涙がでます;;
本当にアリガトウ・・・>旦那さん。

そしてついに、
「お願い。もう無理。耐えられない。切って取り出して。帝王切開にして。」と懇願する。
旦那さんにまずお願いしてみるが、無言。

助産師さんが入ってきたので、「帝王切開にしてください~!!」ってお願いするが、「ダメよ。帝王切開は理由がないと出来ないから。みんな頑張ってるんだから大丈夫よ」といわれ、あっさり却下。
そこで私は先生に直接いうしかないと判断して、先生と直接話がしたい~!!と言い、先生に来てもらい直接お願いするが、「うーん。帝王切開は出来ないけど、和痛やってみる?!」と言われる。

私は「やります!やります!!何でもやってください!」とこたえて、
和痛分娩がスタート。(料金1万円)

和痛分娩は、痛みがなくなるわけではなく、多少和らげる方法らしいです。笑気ガスというガスを吸って、頭をボ~とさせらしい。
あと、痛みを和らげる?注射も腕に打った。

そのガスを吸うと確かに頭がボ~っとして、眠くなる。
助産師さんが「このガスいくら吸っても1万円だからね~。しっかり吸うのよ~」と言ってたので、思いっきり吸いまくる(笑)
でも陣痛の波が来ると何もしないよりは多少マシなものの、痛みはしっかり感じる。
陣痛の波の合間はそのガスをひたすら吸って眠るように静かにしていて、陣痛のときには体をうねらせたりもがいたりしながら痛みに耐えていた。
今まで叫びまくっていたのに、そのガスを吸って急に静かになって、体だけで激しくもがいていたので、旦那さんは頭がおかしくなったんじゃないか?!と心配していたらしい(笑)

でもその和痛も長続きせず、1~2時間ほどで結局そのガスのマスクを外して「もうダメ~!!死ぬ~!!」と叫び続ける。

私はその後もずっと、助産師さんに「帝王切開」をお願いし続けていた。。(←産まれるまで笑)


壮絶?!私の出産体験記★③へ続く。


良かったら押してくださいm(_ _)mぺこり
人気ブログランキング
にほんブログ村 マタニティーブログへ



壮絶?!私の出産体験記★① 

わたしの場合の陣痛~出産までを振り返りたいと思います。

まず、2月27日(40w2d)の朝10時頃、チョロチョロと何かオマタからでているような気がして、トイレへ。そしたらナプキンにしっかり鮮血のおしるしが!!(生理のような感じ)
結構出血量が多かったので、心配で念のため病院へ電話した。
この日はちょうど15時から検診予定の日だったので、「おしるしだと思うんですが、15時に行ったらいいですか?」と聞くと、「念のため入院セットを持って今すぐ来て下さい!」と言われ、入院する気マンマンで(笑)、タクシーで病院へ向かった。

診察の結果、出血はおしるしとのことで破水はナシ。子宮口は前回検診時と変わらず1センチのまま。。
NSTをつけると15分置きくらいに強めの張りがあり。(でも私自身はあんまり張りを感じない。痛みも強くない)
お産になるのはまだ先だろうけど、ベビの心音が一時なぜか下がったらしく、ちょっと心配なので、「入院しましょう」ということになった。

プチ入院したものの、陣痛らしき痛みはほとんどなく、元気いっぱいで快適な入院生活を過ごしてました。食事はペロリと完食し、同室の妊婦さんとおしゃべりしたり、テレビみたり(笑)
時々張りはあるものの全然まだまだ余裕♪
夜のNSTは9分間隔でそんなに強くない張りあり。

27日の夜、ちょっと強めの前駆陣痛が時々あってなかなか寝付けなかったけど、合間合間に寝ていた。

そして翌日、2月28日★
普通に元気に朝を迎え、朝にNSTをしたところ、私自身は10分置きくらいでお腹の張りを感じていたものの、NSTには反応してなくて、40分間のNSTで2回だけのそんなに強くない張りがあったのみ。
朝の診察でも、子宮口は変わらず1センチ(;;)
お産はまだまだっぽいので先生から「帰宅してもいいよ」といわれるが、
「家に帰ってもひとりで不安なんです…」と訴え、もう一日入院させてもらうことに。

先生に、「病院の近くをお散歩とかしてください」といわれ、近所を1時間お散歩。
生理痛のような下腹部痛&腰痛は常にあり、そのうえで7-8分間隔くらいでキューっと生理痛の3倍くらいの痛みがある。
「イタタタタ」と立ち止まるくらい。でもまだまだ我慢できるレベル。

朝・昼・夜と病院の美味しい食事を完食して大満足だったけど、ウン○がここ3日ほど出てないことに気づき、このままウンPと一緒に出産したくなかったので、18時頃浣腸をお願いした。

浣腸って子供の頃は病気のときとかにされたことあったけど、大人になってから受けたことなくて、すごい不安。。
どんな風になるんだっけ??と必死に昔の記憶を思い出すが分からない><
液体の浣腸は強い便意がすぐあるけど、5分~10分くらい我慢しないと浣腸の液ばっかりが出てしまうらしい。
「よ~しがんばるゾ!」と張り切って受けるものの、ほんの2分くらい我慢したところでものすごい下痢のような便意を感じ、とても我慢できず(まったく根性ナシw)、トイレへ駆け込み、案の定、浣腸の液体のみジャーと出て、肝心のウン○はほんのちょびっとのみだけだった。。(お食事中のかたゴメンなさい・・・)

でもその浣腸⇒ウン○のあと、陣痛が強くなってきたような…。
間隔は5~10分くらいで、グ~!!と下腹部が痛む!
思わずタオルを握り締めて、「うぅ~!」とか「くぅ~!!」と声をあげそうなくらいに痛い!

でも私がいたのは3人部屋で、他に出産をおえたママとベビがいたので、声はあげずに頑張っていた。。

夜21時、辛くなってきて旦那さんに何度もメール。
最初はひとりで我慢しようとしていたけど、どーしても辛くて旦那さんに病院に来てもらう。

21時~22時、旦那さんに手を握ってもらいながら必死に陣痛の波に耐えていた。
看護婦さんが見かねて、「3人部屋じゃ声も出せないし、旦那さんもゆっくりできないから、いつもは授乳室で使っている和室があるからそこに布団をひいてゆっくりしていいよ」と言ってくれて和室へ移動。

そのときに助産師さんに子宮口の開きを見てもらうが、いまだ朝の診察のときと変わらず1センチのままで・・・


壮絶?!私の出産体験記★②へ続く


良かったら押してくださいm(_ _)mぺこり
人気ブログランキング
にほんブログ村 マタニティーブログへ











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。