スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

確定申告☆行ってきました! 

今日は確定申告をしに、税務署へ行ってきました。

去年の10月末で前職を退職したので、確定申告を自分でしなければいけないのです。
確定申告は、大昔の学生時代にアルバイトで稼ぎすぎて、1度だけ自分で手続きしたことがあったけど、それ以外はずっと正社員だったので、自分ではしたことがありませんでした。

なんだか面倒くさそうな感じがしたけど、ベビが生まれたらますます忙しくて出来ないだろうし、今のうちにやっておくことに☆

最寄りの税務署に電話をして、持って行くものを聞いて税務署へ出かけました。

【必要書類】
◎源泉徴収表
◎18年度自分で支払った保険・年金などの金額が確認できるもの
◎印鑑


手続きはとっても簡単でした!
なんか専用の機械に源泉徴収表の金額や控除の年金&保険料などを打ち込んでいけば、5分くらいで出来ました
もっと難しいと思ってた~。
税務署のひとも親切・丁寧に教えてくれたし☆
結局トータルでも20分くらいで完了!

いくら戻ってくるのか分からないけど…臨時収入♪楽しみです~


良かったら押してくださいm(_ _)mぺこり
人気ブログランキング
にほんブログ村 マタニティーブログへ
スポンサーサイト

がっくし・・・医療費控除。 

昨夜も旦那さんは、真夜中突然に、

『嘘ぉ~?!!!』
と大声で叫んでました…(笑)

ビックリしたw
大声の寝言は恐いのでやめてほしい(笑)


今日は医療費控除についてのお話を。
妊娠・出産でもらえるお金~サルでもわかる医療費控除~
1月1日~12月末までの一年間の家族全員の医療費の合計が10万円以上になれば、医療費控除を申告できます。
これは、『いっぱい医療費を払ったので、払い過ぎた税金を返してください』 という意味での申告です。  
そして、これは単に税金が戻ってくるだけでなく、翌年の住民税もそれを元に計算されるので 住民税も減税され節税のダブル効果!


私の場合、2006年は不妊治療検査に始まり、妊娠初期には不安で毎週病院に通っていて、1回5500円の検診を何度も受けていたので、医療費がかなりかさんだ1年でした。
なので、当然10万円以上になるだろうと思っていて、検査・検診費用など、医療にかかわるレシートをすべて保管してました。

そして2006年が終わり、レシートをぜ~んぶ集めて、計算してみました。
そしたらなんと…、
合計★79,820円!!
20,180円足りませんでした…

「いくら戻ってくるんだろう~♪」って楽しみにしてたのにぃぃ
これから臨月に入って、検診が毎週になるし、もうちょっと予定日が早ければ、10万円達成してたのに…。
残念。。

なので、これから計画妊娠を考える場合は、
1月1日~検診をスタートするほうがお得かも?!
年末あたりから子作り開始して、1月に妊娠発覚、検診スタート、出産は9月か10月くらいかな?
でも、いたって経過が順調で、普通の検診費用と自然分娩になった場合、10万円達成するか…微妙なトコロかな。
途中で、ツワリや切迫早産で入院とか、出産が帝王切開となった場合は余裕で10万円超えるだろうけど。
でもモチロン、経過が順調なのが一番で、そんな病気や入院とかなりたくないけどね

しかも医療費控除ってたいした金額じゃないらしいんだけどね
せっかくの制度だから利用してやる~と思ってたけど、10万円ってなかなか難しいかも。。

医療費なんて少ないにこしたことないもんね
やっぱり健康がイチバン


良かったら押してくださいm(_ _)mぺこり
人気ブログランキング

妊娠&出産☆もらえるお金♪ 

11月から専業主婦になって、ヤバイくらい体重増加中です。
前回検診から2週間ちょっとなのに、もう2キロ増えてます。
次回検診はずぇったい注意されます。
妊娠中毒症も恐くなってきた…。
今夜は煮魚と小松菜のおひたしで、あっさり和食にします。。

今日は朝から、出産後もらえるお金について勉強してました☆

◆健康保険組合から◆
出産育児一時金(35万円)
◎出産育児付加金(3万円)
出産手当金(標準報酬日額の60%×98日間)

◆雇用保険から◆
失業給付金(賃金日額の50~80%×90日間)

【お役立ちサイト】
妊娠・出産のお金の大辞典

我が家は旦那さんが国民健康保険なので、扶養に入れないため、保険は任意継続してます。年金は国民年金に加入。
出産育児一時金・出産育児付加金・出産手当金は出産後、病院で証明を書いてもらい書類を提出。
失業給付は退職後、1ヵ月後に、離職票、印鑑、母子健康手帳など持参でハローワークで『失業給付の延長手続き』をする。

産後もらえるお金をぜーんぶ合計すると100万円以上!@@
失業保険が一体いくらになるか分からないんだけどね。
【出産手当金】がけっこー大きいので、出産予定日の6ヶ月前まで勤務しておくのが良い◎と思います♪(*1日でも6ヶ月をきるともらえないみたいなので余裕をもって退職日決めたほうがベター)

わ~い♪早く手続きしたいな!
陣痛は恐いけど、出産するのがちょっと楽しみになってきた(単純笑;)


良かったら押してくださいm(_ _)mぺこり
人気ブログランキング

不妊治療・検査☆かかった費用 

私は子作り開始と同時に産婦人科デビューしました。生理周期が30~40日と長くて不順だったため、タイミングがよく分からなかったからです。

病院での不妊検査・治療をしながら、タイミング指導を受けて3周期に妊娠できました♪

今までの検査費用、治療費用をまとめて載せます。
皆さんの参考になれば嬉しいです☆


<-------治療・検査費用まとめ--------->

◆4月 3日 ◎初受診*内診(たまごチェック)&尿検査(2-3日中に排卵するでしょうと言われる)【¥3,710】

◆4月26日 結局生理が来たので受診*血液検査【¥3,940】

◆5月 2日 たまごチェック&血液検査結果報告(プロラクチンを下げる薬のカバサール4週間分処方)【¥1,530】

◆5月 8日 たまごチェック&フーナーテスト【¥1,640】(←フーナーテスト料金は5/15徴収)

◆5月15日 黄体ホルモン検査(血液検査)【¥2,100】

◆5月29日 卵管造影検査(周期9日目)【¥7,070】

◆6月 2日 たまごチェック&黄体ホルモン検査結果報告【¥1,800】

◆6月 5日 たまごチェック【¥1,640】

◆6月 7日 たまごチェック(黄体ホルモン補充のデュファストン10日分&カバサール2週間分処方)【¥3,170】


★合計★¥26,600


☆応援よろしくお願いします☆
人気ブログランキング参加中!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。